車のローン審査は誰でもパスできるものではない

車のローンを利用するときには、金融機関への申込みの後に審査が行われます。金融機関では様々な個人情報を考慮して、ローンを引き受けるべきか否かを審査するのです。車のローンの審査では、どのようなことが問われるのでしょうか。

 

他社からの借り入れについて

 

車のローン以外でもいえることですが、ローンで買物をするのはお金を借りるのと同じことです。車以外にもローンをしているとなれば、返済額の合計がかさみます。他のローンの返済が圧迫して、車のローンが支払えないということにもなりかねないわけです。

 

そこで、複数のローンを利用している人には、審査において要注意がされます。もちろん、すでに支払いが滞っている、支払いが遅れてブラックリストに載った経験があるなどの人は車のローン審査にも通りにくくなってしまいます。

 

勤務先や収入について

 

働いている人によって、勤務先は信用情報に加わるプラスポイントです。収入がいくら多い人でも、社会的に信用されない職業や勤務先に勤めている人ではローン会社でもお金を貸したがりません。万が一のときに、支払いが滞ってしまう可能性があるからです。このため、どうしても一流企業勤務や公務員といった安定感のある職に就いている人のほうが審査に通りやすくなります。

 

未成年や働いていない人の場合は、保護者の勤務先や収入が審査の対象になります。持ち家があって住居費用がかからないなども、重要なポイントです。逆に、家族に借金があったり支払いの滞りがあったりすると、ローンの引き受けを断られてしまうこともあります。