低血糖になりやすい時について

どういったときに低血糖になりやすいのか。これがわかっているというのは低血糖の症状を起こしてしまう人にとってはとても有効的です。ですが、低血糖になるタイミングというのは個人差があるものなのです。基本的には食事に注意するというのがとても大切なこととなってきます。

 

先ず覚えておきたいこととしては身体が必要としているインスリンよりも多くのインスリンを摂取してしまったときには低血糖になってしまいます。糖尿病の治療を行っているというような人の場合にはインスリン注射などを自分で行って、体外からインスリンを取り入れています。しかしそこでインスリンを投与する量が多すぎたというような場合には特に低血糖となってしまいやすいのです。

 

薬や注射はいつも通りの量であったとしても、いつもよりも食事の量が少なかったというようなときには低血糖の注意などが必要となります。他にもアルコールにも血糖値を下げてしまう効果があるのでアルコールを摂取するときには注意が必要となってきます。運動量が多すぎるといったときにも低血糖になってしまうことが多くあります。

 

そのために低血糖の症状を発症してしまいやすい人というのは運動をする量を増やしすぎないようにする必要があるのです。家の外で運動をしている最中などに低血糖の症状がでてしまったというようなときには対応するのも大変です。ですので、いちどに長く運動するというよりは短い時間の運動を繰り返すというように行うといいでしょう。

 

昔からずっと運動をしていたというような人であれば別なのですが、糖尿病や低血糖などの治療の一環として運動をはじめたというような人も多くいるでしょう。そうした人の場合は自分の体力というのをよく理解できていないために身体にとって無理な運動というのをしてしまうことがほとんどです。無理をするような運動をしてしまうとどうしても低血糖となってしまう可能性も高くなってしまうのです。

 

自分では1時間ほどは運動できると思っていたとしても最初は10分や20分といった時間からはじめてみるといいでしょう。先ずは自分の体力を確かめるためにも様子を見るというのはとても大切なことなのです。